施設概要

地域活動支援センターゆめの・
(発達型)ゆめののつどい

地域活動支援センターゆめの

家に閉じこもりがちの方が
外へ出る、初めの一歩。

障がいのある方や行く場所がすくない方(自宅に閉じこもりがちな人)が、よりよい生活を送れるようにサポートする場所です。すべての方が、ご本人にあったペースで緩やかにご利用いただけます。
午前は利用者一人ひとりにあった居場所を提供し、午後からは様々なプログラム活動を実施しています。
また、日常の悩み事を職員や専門相談員に相談する事もでき、必要な情報提供や問題解決に向けてお手伝いを行います。地域で安心して過ごせる居場所がほしい方、社会とのつながりがほしい方は、お気軽ご連絡ください。

施設概要

利用対象者
知的・精神・身体に障がいのある18歳以上の方。(神戸市在住)
開所曜日
月・火・木・金・土(日・水・祝とお盆期間、年末年始はお休み)
開所時間
9:00〜16:00
定員
20 人
サービス内容・実施事業

自分のペースでゆったり過ごせる場(サロン活動)
相談支援(日常生活の悩み・福祉サービスについての相談)
様々なプログラムの実施

  • 書道や絵手紙などの創作活動
  • 昼食づくりなどの調理
  • 卓球、ストレッチなどの運動
  • お食事会、カラオケなどの外出行事
  • お花見・豆まきなどの季節行事
実施事業
(社会参加促進事業)
  • 神戸まつり(兵庫区はっぴぃ広場)に出店 飲み物販売を行い、地域住民との交流の機会を設けております。

神戸まつり以外の地域イベントや、神戸市社会復帰施設連盟主催のフライングディスク大会にも参加しております。

(障害者理解のための普及啓発事業)
  • 福祉に興味のある大学生のボランティア受け入れ
  • 大学・専門学校より「精神保健福祉ボランティア講座」の体験実習受け入 利用者と直接関わって頂き、障害者理解を深めて頂きます。また同時に事業所紹介も行い、事業の啓発にも努めております。

それ以外にも地域のイベントに参加する際は、事業所紹介を配布する活動も行なっております。

(障害者福祉推進事業)
  • ゆめのミュージックフェスティバルの実施 神戸市社会福祉協議会のフェスピック事業助成を活用し、地域住民や法人内利用者にむけた演奏会を行なっております。
    地域イベントで活躍されている楽団・大学サークルに出演の依頼をし、吹奏楽・ジャズなどを披露して頂いております。
  • 地区自立支援協議会に、職員・利用者含めて参加 障害者福祉推進のため、地区の自立支援協議会に参加し、意見交換を行なっております。

また、地区の事業所が集めるプログラムに、職員・利用者ともに参加しております。

施設内容

ゆったりと過ごせる談話室・面談室などがあります。

スタッフ
4名(精神保健福祉士・社会福祉士)専門相談員1名・福祉系学生アルバイト
どんな方が利用していますか?
  • 家に閉じこもりがちの方
  • 家から外に出る訓練をしたい方
  • 生活リズムを整えたい方
  • 人とおしゃべりをしたい方
  • 医療機関から退院したばかりの方
  • 施設から退所した方
  • コミュニケーションが苦手の方(他の人と関わらず過ごす事もできます)
  • 相談をしたい方(ご本人、家族や親戚の方)
こんな時はどうするの?
  • 利用するか検討中であるが、施設の見学を希望したい。 ご連絡いただければ日程を調整し見学できます。(ご家族の方・関係機関との同伴も可)
  • 利用を希望しているが、定期的に利用できるか不安… 地域活動支援センターは、利用者のペースに合わせて利用が可能です。毎日来られる方もいれば、1ヶ月に1回・半年に1回の方もいらっしゃいます。定期的に利用できなくても大丈夫です。
  • 就労がしたい 本人の希望を聞き取り、法人内または地域の事業所の情報提供を行います。
  • 障害に関する相談がしたい 利用者本人またはご家族の方もご相談いただけます。日常生活の悩み事や家族で抱えている問題などもご相談に応じます。

上記の内容でご相談ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
電話番号:078-578-6090

(発達型)ゆめののつどい

家に閉じこもりがちの方が
外へ出る、初めの一歩。

家に閉じこもりがちな発達障害のある方が、外へ踏み出す一歩として、また、発達障害のある方で普段就労している方が週末の余暇活動としてご利用していただける施設です。体験から始まり、ご本人にあったペースで緩やかにご利用いただけます。
午前は主に、生活相談などの個別面談を行っています。午後は、創作活動や軽スポーツ、SST(コミュニケーションの練習)や外出イベントなど様々なプログラムを行なっています。同法人内「アルブル夢野」や各関係機関と連携をとっていますので、安心して利用でき、次のステップへの移行もスムーズです。通所には安全面や適切な支援のために契約(面談)が必要になりますが、料金はかかりません。ご本人様だけでなくご家族からの相談も受け付けていますので、まずはお気軽にお電話ください。

施設概要

利用対象者
発達障がいのある18歳以上の方。
定員
10人
サービス内容・実施事業
創作活動やレクリエーション活動、調理プログラムや外出イベント
(プログラムにかかる入園料や材料費等は実費負担)
生活相談・就労相談
SST(コミュニケーションの練習)
施設内容

作業スペース、面談室などがあります。

スタッフ
2名(精神保健福祉士)
どんな方が利用していますか?
  • 家に閉じこもりがちの方
  • 家から外に出る訓練をしたい方
  • 生活リズムを整えたい方
  • 人とおしゃべりをしたい方
  • 医療機関から退院したばかりの方
  • 施設から退所した方
  • コミュニケーションが苦手の方(他の人と関わらず過ごす事もできます)
  • 相談をしたい方(ご本人、家族や親戚の方)
こんな時はどうするの?
  • いつかは仕事に就きたい・・・同法人の「アルブル夢野」や他の施設を紹介するなど就労支援をします。
  • 家庭の事情で通えなくなった・・・同法人の「アメニティーホーム夢野」や「夢野老人ホーム」に入所できる可能性もあります。
  • イベントカレンダー
  • イベントレポート
  • 施設の歩み
  • 自立支援と私たちの願い
  • 理事長インタビュー
  • 地域貢献活動